不動産の窓口株式会社 代表者ご挨拶

不動産の窓口株式会社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
不動産という、お客様の人生で最も大きなお買い物のパートナーとして、
お客様へのご挨拶と、創業の経緯や経営者としての想いをお話させてください。

私と不動産の出会いは散々でした。

「すごく素敵なお部屋ですよ」と不動産営業マンに言われ入居したアパートが欠陥物件だったり。
物件を見に行った際、手付金を払わないと帰らせてもらえなかったり。
希望予算より高額な物件ばかり紹介され「他に物件はありませんよ」と契約を急かされたり。
退去時に敷金以上に多くのお金を請求されたり…。

私の不動産業界に対するイメージは、最悪でした。

そんな私が、不動産業の門を叩いた理由―。
それは、自分と同じ様に、不動産会社を信頼出来ないお客様が、実はすごく多いんじゃないか?
お客様の為に、嘘をつかず正直に仕事をすれば、多くの方に喜んでもらえるのではないか?
という、とても単純なものでした。


実際に従事した不動産の世界は、想像以上にやりがいに溢れたものでした。
お客様の人生の重要なシーンのお手伝いができること。
そして、お客様が「いい家を買えたよ、ありがとう」と言ってくださるのが嬉しくて、ただただ一生懸命に働いた日々。
今思い出しても、サラリーマン時代はとても充実した毎日だったと思います。


しかし、サラリーマン当時の不動産業界は、私がお客さんの立場で感じていたように、
強引にお客様に契約を迫る、詐欺まがいな営業手法やお客様へのウソが社会問題にもなっていました。
私がいたのは、そのような会社ではなかったものの、
不動産業界への世間の厳しい視線の中、 ある思いが沸き起こりました。


「お客様に売り込むのではなく、お客様が心から安心できる不動産営業マンになりたい」
その思いを形にしたくて作ったもの 
それが、不動産の窓口株式会社だったのです。


私たち不動産の窓口株式会社は、地域密着を大事にしています。
その理由のひとつが、私自身、そして、弊社の社員全員がここ福岡市で暮らしているということ。
当然、家族も友達もご近所さんや顔見知りも、
たくさんの大切な人たちが、この街に暮らしています。


「そんな愛すべき街や人々の前で、決して恥ずかしい仕事はできない」という想いが、
常に私を戒めてくれます。
お客様のことを考えない利益優先の商売などできませんし、したくもありません。


そして、もうひとつの理由が「むやみに会社を大きくしようと考えていない」ということ。


企業として大きくなるには、当然それに見合った売上が必要です。
売上だけを追い求めるあまり、お客様への感謝や志を忘れ、消えて行った企業をたくさん見てきました。


私たちは、企業としては大きくなくてもいい。
ただ、その代わりに、地域の方々に必要とされる存在でありたい。
「この街で不動産といえば、不動産の窓口株式会社」
そう呼んでいただける存在になりたいのです。

 

地域密着と同様、私たちが大切にしている想い、
それが「どんな小さなご依頼でも、120%の笑顔で仕事をする」こと。


例えば、
住宅を購入に際し、条件的に厳しいお客様の住宅ローンのお手伝い、
住宅購入後のご近所トラブルの解決フォロー…等など、
誤解を恐れず申しますと、細かな仕事を「一般的な」不動産会社は嫌いがち。


理由は簡単、「大変だから」です。


それだけに、お客様も頼み辛かったり、自分でやろうとして失敗したり…。


私たちはお客様の『困った!!』にしっかりお応えしたいのです。
小さなご依頼にこそ快く応えるのが、不動産の窓口のあるべき姿だと思うから。


私たちは、お客様に求められる働きを、地味でも真面目に誠実に実行いたします。


「不動産業界というとガラの悪い人が多いんじゃないか、
法外な料金を請求されたり、希望しない物件を売りつけられるんじゃないか…」


これは、お客様の正直なお気持ちではないかと思います。
私たち不動産の窓口が目指すのは、そんな不安・不満を解消できる不動産会社です。


不動産の窓口株式会社は、決して有名な大企業ではありません。
それなのに、私たちを信じて依頼してくださるお客様がいる。
そのお気持ちに対して、どれだけ感謝しても足りないくらいです。
 

ならば、その感謝を仕事ぶりで示し、確かな形でお返ししないといけない。
誠実な対応と、質の高い仕事で応えるのは当然の義務だと考えます。
 

だからこそ、先程お伝えした会社規模の大小なども、私たちには関係ないのです。
「不動産の窓口さんに!!」と言ってくださるお気持ちに、全力で応える。
それが私たちのプロとしての誇りであり、絶対に曲げたくない信念です。 
 

どんな大きな仕事や売上よりも、 たったひとことの「ありがとう、助かったよ」の言葉が、
私たちを動かします。


私たちは、これからも良心と感謝を原動力に、
この街の一員として、地域のみなさんから親しまれる存在になりたいのです。


どうぞご安心いただいて、不動産の窓口株式会社を「街の便利屋さん」としてご活用ください。 
フラッっと立ち寄って、お茶を飲んで行かれるだけでも大歓迎です。


ぜひ、私たちに会いにきてください!



不動産の窓口株式会社
代表取締役 豊島 圭